実際に施術を受けた場合の結果の可否は患者本人にもはっきりしていないことを知る

美容外科で人気のある施術

カウンセリング

埋没法と切開法の特徴や効果について

美容外科の中でも二重整形は人気の高い施術です。特に埋没法はメスを使わないのが特徴なので、整形初心者さんや大きな手術をしたくない人には向いています。埋没法のメリットとしては、費用が安く済むことが挙げられます。両目で10万もかからないので、比較的リーズナブルですよね。毎日アイプチをしてメイクするのは、けっこう面倒なことです。数分のことかもしれませんが、このアイプチをする数分がなくなればどんなに楽になることかと感じている人も多いのではないでしょうか。アイプチをし続けるとまぶたがのびたり、厚くなったりしてしまうので、二重整形をした方が良いかもしれません。埋没法の他にはまぶたを切開して二重を作る、切開法という方法もあります。このやり方の大きな特徴としては、メスを使うということです。埋没法に比べて大きな手術になりますし、費用も20万くらいと高くなります。メリットとしては、腫れぼったい厚いまぶたが解消され、目を大きく見せることができることです。施術中は麻酔をしているので、痛みはほとんどありません。

二重整形には埋没法と切開法がありますが、それぞれ効果や副作用が違ってきます。ここからは、双方の違いについてお話していきましょう。埋没法は、まぶたを細い特殊な糸で留めて二重を整形していきます。この作業を両目合わせて15分くらいの短い時間で行うことができるのです。なのでとても手軽に二重を作れる方法になります。仕上がりは自然で、傷や腫れなどを最小限に抑えることができるので、仕事の休みがなかなか取れない人に向いているかもしれません。副作用がないわけではないですが、内出血なども少なくメイクも翌日からできたりします。しかし、永久的なものではなく糸が取れてしまう可能性もあります。費用があまりかからないので、その都度施術するのが良いかもしれませんね。切開法はメスを使う分、腫れや内出血は埋没法よりも長く続きます。しかし、医師から伝えられた注意事項を守れば必ず腫れは引くので安心して下さい。目の脂肪やたるみも一緒に取り除くことができますし、二重の効果は半永久的に続くのは嬉しい効果ですよね。費用は高くなりますが、本格的にくっきり大きな二重にするのなら切開法が向いているでしょう。

Copyright© 2019 実際に施術を受けた場合の結果の可否は患者本人にもはっきりしていないことを知る All Rights Reserved.